マフラーとタービン

今はかなり少なくなっていますが、タービンを使用したエンジンの自動車があります。
この自動車をターボ車と呼ばれているのですが、ターボ車は普通の自動車とちょっと違う部分があります。
その違う部分の一つになるのがマフラーです。

見た目全く同じように見えるけれども、実際には違っていてNA車の物を使用することは出来ません。
ではどのように違っているのか、それは排気の抵抗の違いになります。
NA車になると、中の構造をちょっと複雑化させることで抵抗を作っています。

この抵抗があることで低回転時にトルクが出るようになりスムーズに走行ができるようになります。
ターボ車は、タービンを使用することによって通常よりも多く排気が発生するようになります。
そのため、より効率よく排気ガスを排出できるようにするため、ほとんど抵抗ない構造としています。

このように構造が全く違っているので、装着出来たとしてもターボ車がNA車の物を使用すると排気がうまくいかなくて、スムーズにエンジンを回すことが出来ませんし、逆をすると抜けすぎてしまい低回転時に力が出ないエンジンとなります。
なので見た目は一緒だけれども全く違いますので、NA車の物をターボ車に流用しようと考えないようにしましょう。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。