空気抵抗と走行性能について

スポーツカーになると流線型になっているのですが、これは見た目だけを意識しているわけではありません。
走行性能をアップさせるためにも空気抵抗を減らすようにしているため、流線型の形になっています。
空気の抵抗はそこまで大きくなく関係ないのではと考えてしまうかもしれませんが、空気の抵抗はかなり大きくなっており影響が出てしまいます。

一番わかり易い例えになるのが台風です。
台風の時はものすごい風により車まで飛ばしてしまうほどの力が空気に発生しています。
この台風のような力が走行時にも加わるようになっていて、時速100Kmで走行すると台風以上の力が自動車にかかります。
そうなれば当然前に進む力をかなり弱めてしまうため、走行性能を低くしてしまいます。

早さを求めていない自動車ならそこまで考えられていませんが、スポーツカーは早さを求めた自動車になりますので、より深く考えないといけません。
ですので、スポーツカーは空気の流れをかなり良くして抵抗を受けないような形にしているんです。
さらにリアにウイングが付いているのは、この空気の抵抗を受けるようにして車体を沈ませるようにしています。
これにより、下に押さえる力が加わるのでタイヤと地面との摩擦を多くすることができるため、グリップ力をあげて走行性能を高めるようにしています。

スポーツカーはかなり考えられているからこそ、より早く走行することが出来ます。ダイニング01

コメントは受け付けていません。