‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

高回転型エンジンの特徴

2015/03/23

高回転型エンジンとは内部ピストンの運動距離を短くすると共に、シリンダ内での爆発力を高めて高出力を追及する事でピストン運動の回数が多くなるエンジンの事を指します。出力追及の為、シリンダ数を多くした高気筒となる事も一般的です。
その造りからある程度以上の回転域に達すると、一気に加速力が供給されるという特徴があります。従って、高速走行における安定性が高くなるという利点があります。加えて、少量の燃料を何度も燃焼させて出力を維持する構造なので、出力に比した排気量自体は小さくなります。またピストン運動の多さに耐える為に内部部品は軽量化・高耐久化されており、爆発力の高さに耐える為に外回りにおいても堅牢な造りが為される事となります。
このような構造はエンジンの省スペース化と低排気量を両立させる必要に迫られる二輪車において、特に適した条件となります。外回りの堅牢さ・加速が早い故に二輪においてはバランス的に安定走行に至り易いという面も重なり、採用例が多くなっています。
一方で四輪についてはその用途によっては加速度が基本的に問われないケースもあります。その為、四輪についてはスピード追及の必要性を要求されるスポーツカー・レース用車両において採用されるタイプとなります。デスク01

フルカラーテープとルームランプ

2015/03/23

フルカラーテープはその名の通りテープ状のLEDの事です。赤、青、黄など様々な色があり別売りのリモコンを使えばあらゆる色を光らせる事ができるので車のデコレーションに一役買ってくれるアイテムです。用途に応じて様々な長さがあり丁度いい長さにテープの様にハサミで切る事ができます。裏側に両面テープが付いているのでそのまま貼り付ける事ができます。LEDなので明るく長寿命で省電力なのでバッテリーの負担が掛かりません。屋外で使用する際防水処理を施す必要があります。カー用品店やネット通販などで購入することができます。ルームランプはウェッジ球と言う電球を使用しておりウェッジ球は電気消費が多く球切れがしやすい上意外とバッテリーの負担が大きいです。これを改善するにはウェッジ球からLEDのバルブに変えます。そうすれば電気消費を抑え、バッテリーの負担を軽減する他明るさが増し、車内を明るく照らしてくれます。ウェッジ球と同じ形状をしてるのでそのまま付け替えるだけなので誰でも簡単に付け替える事ができます。中には車種別で専用設計されたルームランプもあり、一層取り付けが容易にできます。こちらの商品もカー用品店なのでお求めできます。テーブル

マフラーとタービン

2015/03/23

今はかなり少なくなっていますが、タービンを使用したエンジンの自動車があります。
この自動車をターボ車と呼ばれているのですが、ターボ車は普通の自動車とちょっと違う部分があります。
その違う部分の一つになるのがマフラーです。

見た目全く同じように見えるけれども、実際には違っていてNA車の物を使用することは出来ません。
ではどのように違っているのか、それは排気の抵抗の違いになります。
NA車になると、中の構造をちょっと複雑化させることで抵抗を作っています。

この抵抗があることで低回転時にトルクが出るようになりスムーズに走行ができるようになります。
ターボ車は、タービンを使用することによって通常よりも多く排気が発生するようになります。
そのため、より効率よく排気ガスを排出できるようにするため、ほとんど抵抗ない構造としています。

このように構造が全く違っているので、装着出来たとしてもターボ車がNA車の物を使用すると排気がうまくいかなくて、スムーズにエンジンを回すことが出来ませんし、逆をすると抜けすぎてしまい低回転時に力が出ないエンジンとなります。
なので見た目は一緒だけれども全く違いますので、NA車の物をターボ車に流用しようと考えないようにしましょう。}PgžxQ

空気抵抗と走行性能について

2015/03/23

スポーツカーになると流線型になっているのですが、これは見た目だけを意識しているわけではありません。
走行性能をアップさせるためにも空気抵抗を減らすようにしているため、流線型の形になっています。
空気の抵抗はそこまで大きくなく関係ないのではと考えてしまうかもしれませんが、空気の抵抗はかなり大きくなっており影響が出てしまいます。

一番わかり易い例えになるのが台風です。
台風の時はものすごい風により車まで飛ばしてしまうほどの力が空気に発生しています。
この台風のような力が走行時にも加わるようになっていて、時速100Kmで走行すると台風以上の力が自動車にかかります。
そうなれば当然前に進む力をかなり弱めてしまうため、走行性能を低くしてしまいます。

早さを求めていない自動車ならそこまで考えられていませんが、スポーツカーは早さを求めた自動車になりますので、より深く考えないといけません。
ですので、スポーツカーは空気の流れをかなり良くして抵抗を受けないような形にしているんです。
さらにリアにウイングが付いているのは、この空気の抵抗を受けるようにして車体を沈ませるようにしています。
これにより、下に押さえる力が加わるのでタイヤと地面との摩擦を多くすることができるため、グリップ力をあげて走行性能を高めるようにしています。

スポーツカーはかなり考えられているからこそ、より早く走行することが出来ます。ダイニング01

ブレーキと車高

2015/03/23

自動車で速さを追求していて改造をしている場合、速さだけを求めるだけでは絶対にダメです。
速く走るためにはそれだけより確実に止まれるようにしなければいけません。
より確実に止まれるようにするためには、車高をどのようにするのかが大事になってきます。

より止まれるようにするためにも良いとしているのが、リアを多少高めに設定してあげることです。
ではなぜ高めにしなければいけないのか、それはグリップ力をより高めるためです。
自動車は前進しようとした時にはリアに荷重がかかるようになり、止まろうとした時にはフロントに荷重がかかるようになります。

この動作を考えてより止まれるようにするため、リアよりもフロントのブレーキ力を高める構造にしてあります。
もしリアを低くフロントを高くに設定してしまうと、止まろうとした時にフロント荷重により沈み込んだとしても、自動車自体が水平に近い状態になります。
こうなると、フロントに自動車の重さを多く与えることができなくなるので、グリップ力が十分にならない可能性がでてきます。

それによりタイヤロックさせてしまう可能性を高めるので、十分に止まれる自動車になってくれません。
ですので、よりフロントに荷重が加わるようにするためリアの車高を多少でも高めに設定する必要があります。ソファーとテーブル

エアロパーツとマフラーについて

2015/03/23

クルマのドレスアップパーツとして人気なのは、エアロパーツです。エアロパーツというのは、空気の流れを変えることができるもので、ダウンフォースを得ることができます。ダウンフォースとは下に働く力のことですが、クルマが下に押さえつけられることによって、ふわふわ感がなくなり、コーナリング性能を向上させる効果があります。また、見栄えをかっこよくする効果もありますね。エアロパーツは、フロント、センター、リアと3か所に装着すると完璧ですが、費用の問題がある場合は、フロントとリアだけ、あるいはリアだけという選択もできます。

また、マフラーの交換も人気です。マフラーを交換することによって、エンジンの吹け上りを良くさせる効果があります。ただ、製品によっては逆効果になってしまうこともあるので、製品の選択には注意が必要です。マフラーは見た目が良くなる効果もあります。リアのワンポイントではありますが、きらりと光ると格好いいですよね。このような部品をクルマ装着することによって、ノーマル車とは全く違う雰囲気となり、オリジナル性の高いクルマに仕上げることができます。他人とは違うクルマに乗りたいと考えている人にはお勧めですよ。ソファー

不具合について

2015/03/23

自動車は新車だとしてもすぐに故障などの不具合が出てしまう場合があります。
事故関係なく自然に故障してしまった時には、保証を利用することによって無料で修理してもらえるようになっています。
新車購入してから長くて5年のメーカー保証がありますので、無料修理してもらえるのですが、ただ一つ注意が必要です。

実は状況によって1年も経っていないのに保証してもらえない可能性があります。
まず自動車の場合、年数で保証が決められているだけではなくて走行距離でも決められています。
長くて10万キロで短くて5万キロ程度で保証切れをしてしまいます。

とても多く距離を乗っていると1年や2年程度で保証が切れてしまいますので注意が必要です。
さらにカスタムすることでも保証適応外とされてしまう可能性があります。
例えば、マフラーを交換してその影響があるのではと考えられる故障になると保証してもらえません。

その他にも純正部品ではない部品を使用していると保証してもらえなくなってしまいます。
もしカスタムする際には保証が受けられない可能性があると理解してからするのが一番です。
そしてもし故障をしてしまったら、修理工場ではなくてまずは購入したディーラーに診てもらうようにしましょう。

工場だと保証関係なく修理されてしまう可能性がありますので、一番保証に関して知識があるディーラーが一番です。}PgžxQ

パーツと8ナンバー

2015/03/23

ハイエースなどの4ナンバー車は、車両の総重量に対して規制がかかり、アルミホイールも4ナンバー車対応でないと車検が通らず、違法改造と見なされることがあります。この理由は、4ナンバーは貨物車と扱われ、そのタイヤやホイールに関しても構造に関して細かい規制があるのです。あくまでも貨物車両としての登録になるので、貨物を運搬するという前提で規制されているため、一般のドレスアップなどの部品は殆ど不適合になる場合が多いのです。
このため、ハイエースなどでドレスアップをしたい人たちは殆どが8ナンバーにして車検を通します。8ナンバーは特殊装備車の扱いで、基本的には車体の構造を特殊な用途にして、その形式で届出を行うものです。この場合には常用、貨物の区別がなくなるので、本来4ナンバーのハイエースでも8ナンバーにすることでアルミホイルがはける様になったり、その他走行性能に支障のないパーツが装着でき、改造が施せるようになるのです。
しかし、重量税などは4ナンバーに比べ高額になります。また違法改造が増えていることから、車体の構造検査が厳格化され、単純にアルミホイールをはきたいだけで変更するといったことは認められにくくなっています。}PgžxQ

アルミホイールとタイヤ

2014/11/19

自動車の見た目を向上させられるアイテムの一つになるのがアルミホイールになります。
純正以外のホイールにすることによって、見た目が全く違うようになってくれるため、よりカッコ良い自動車にすることが出来ます。
見た目ではなく性能をアップさせようとしている時にもホイールそしてタイヤはかなり重要ポイントです。

まず走りを良くするために大事になってくるのが、重量を軽くすることです。
重ければ当然動かすための力がより多く必要としてきてしまうので、速く走るのはより難しくなります。
ホイールはそこまで影響しないのではと考えてしまいますが、しかしかなり影響してきてしまうのが事実です。

4本で10kg違えばそれだけエンジンに負担をかける結果が出てしまいますので、軽いのが一番です。
ただし、軽いだけではダメで、速く走行するとなるとそれだけホイールにかかる負担も大きくなります。
負担が大きければ破損するおそれも大きくなりますので、軽いけれども十分強度があるアルミホイールが一番です。

タイヤも重要で、軽いというよりもグリップ力がどれくらいあるのかが重要です。
グリップ力がないと前へ動こうとしている力を十分に活かすことが出来ず、小刻みにスリップしているような状態になります。
これを無くすためにもグリップ力を十分にあるタイヤを選ぶようにしましょう。}PgžxQ