ブレーキと車高

自動車で速さを追求していて改造をしている場合、速さだけを求めるだけでは絶対にダメです。
速く走るためにはそれだけより確実に止まれるようにしなければいけません。
より確実に止まれるようにするためには、車高をどのようにするのかが大事になってきます。

より止まれるようにするためにも良いとしているのが、リアを多少高めに設定してあげることです。
ではなぜ高めにしなければいけないのか、それはグリップ力をより高めるためです。
自動車は前進しようとした時にはリアに荷重がかかるようになり、止まろうとした時にはフロントに荷重がかかるようになります。

この動作を考えてより止まれるようにするため、リアよりもフロントのブレーキ力を高める構造にしてあります。
もしリアを低くフロントを高くに設定してしまうと、止まろうとした時にフロント荷重により沈み込んだとしても、自動車自体が水平に近い状態になります。
こうなると、フロントに自動車の重さを多く与えることができなくなるので、グリップ力が十分にならない可能性がでてきます。

それによりタイヤロックさせてしまう可能性を高めるので、十分に止まれる自動車になってくれません。
ですので、よりフロントに荷重が加わるようにするためリアの車高を多少でも高めに設定する必要があります。ソファーとテーブル

コメントは受け付けていません。